1. HOME
  2. 試験紹介
  3. 試験科目
  4. オペレーター資格(OP)

オペレーター資格(OP)

オペレーター資格は、CMBOK2.0に準拠した試験です。これまで実施してきたCMBOK1.0準拠試験と資格の認定内容や概要、合格に必要な能力値及び合格基準については、差はありませんが、CMBOK2.0で定められたコンピテンシー分野に則って、出題範囲を設定しているため、CMBOK1.0版と比較すると学習分野が幅広くなり、出題比率が異なります。
各バージョンのコンピテンシー分野の詳細については、下記ファイルをご参照ください。

コンピテンシー分野について(184KB)

  • ※CMBOK1.0に準拠したオペレーター資格試験は、5月31日で終了しました。

試験概要(2.0版)

問題数 80問
出題形式 選択問題
試験時間 90分
試験形式 コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験実施日 全国の試験会場で随時実施 ※試験実施日は、試験会場により異なります。
受験料 一般価格: 7,560円 (7,000円+消費税8%)
会員価格: 6,804円 (6,300円+消費税8%)※一般価格より10%OFF 
合格基準 スコア500以上
認定申請 必要なし

※合格基準について
正答数から項目応答理論を用いた能力値を算出します。
能力値は200から800の値をとる評価得点で表し、スコア500以上を合格とします。

※合格証について
合格した方には、受験から約4週間で合格証を郵送します。

※再受験に関するルール
受験日を起算日として14日間は同一科目を再受験することができません。
(例:2月1日に受験した場合、2月14日まで再受験不可)

※CBT(Computer Based Testing)とは、コンピュータで試験を実施する仕組みのことです。
CBT試験の実施・運営は(株)オデッセイコミュニケーションズに委託しており、試験実施日や受験方法についてはオデッセイコミュニケーションズの試験サイトにてご案内しております。

受験申込について

出題範囲

●日本コンタクトセンター教育検定協会が構築したコンタクトセンター知識スキル体系 CMBOK2.0を基に設定された、
出題範囲に基づき出題されています。

CMBOK2.0版 出題範囲一覧 オペレーション プロフェッショナル
OP SV CAP OMP
分野 知識・スキル分類 選択式 選択式 選択式 記述式 選択式 記述式
コンタクトセンター戦略・監査 5% 10% 8% 8%
経営戦略と財務 ST
コンタクトセンターの監査 AU
カスタマーサービス 25% 20% 10% 10%
カスタマーサービス CS
CRMコンタクトセンター戦略の実践 CR
運営 25% 35% 15% 65% 100%
オペレーション OP
ヒューマン・リソース・マネジメント HR
構築 5% 5% 60% 100% 10%
センターアーキテクチャー AR
ICTマネジメント IC
ベース 40% 30% 7% 7%
コンタクトセンターの職能スキル PE
PCスキルの基礎 PC

対策テキスト・問題集

コンタクトセンター検定試験 オペレーター資格 CMBOK2.0準拠

一般価格:3,780円 (3,500円+消費税8%)
会員価格:3,402円 (3,150円+消費税8%) ※一般価格より10%OFF

著 者: 日本コンタクトセンター教育検定協会
発行元: FOM出版
サイズ: B5判
単行本: 約329ページ
付 録: CMBOK用語集・オペレーター資格試験練習問題

受験申込方法について

サンプル問題

Q. オペレーターの応対業務をモニタリングすることの目的を挙げていますが、次のうち最も不適切なものはどれですか。

合格者の声

西関さん

西関 彩さん
東京都
(株)東京海上日動コミュニケーションズ

企業導入事例

NEC フィールディング

「『人財能力マップ」に組み込み、
人材育成にも活用」

このページの先頭に戻る